:: top :: :: next ::

 
» 祭り » date : 2003/09/03  
秋祭りの練習で夜はうるさくなり始めている。。

年に一度のそのパワーはすごい!
みんな体力をつけるために 走り込みやら山車のいろいろお囃子の練習やら打ち込んでいる!
秋祭りは やっぱりお囃子がつきもの。。
とにかく このお祭りは見学者も外国からも来るし、遠く地方に行った者たちも年に一度は地元に帰って参加する!
これって やっぱりあほ!だと思うけど男ドアホ!って言うのが祭りかな。。

笛や太鼓の音を聞きながら、ふと、遠くへ意識を向けると幼かった頃のお祭りの思い出がよみがえる。

夏休み最後のお祭り。
天神様のお祭り。
父親と一緒に親戚や知り合いと行く。
あ!!ほしいほしい! 子供銀行のお金セット! ビーズのアクセサリー! 
「買って」 という前に、「お前はお姉さんなんだから もうこんなもの要らないね」
そう言われると もう 「うん、要らない」としか言いようがない。
確かに周りの子供は私より1つでも下の子なのである。
みんなが無邪気に買ってもらえるおもちゃがとてもうらやましかったっけ。。
金魚すくいも思う存分したかったけど、 すぐに破けるのであまり経験がない。

今でも したい! 金魚すくい! 一杯小銭握り締めてやってみたい金魚すくい!
今でも買いたい 子供銀行のお金セット! 

また 遠くから現実へと意識が戻り、今の私を見つめる。
あほなこと大好きで 子供のころの思いを取り戻すかのように、駄菓子を買ったりしている自分がいる。

人間って子供のときは 無邪気に大人の顔色を見ずに子供らしい経験を一杯するほうがいい。
どんなことでも そのときにしか味わえない経験感情があるもの。。

» category : 私的回顧 ...regist » 2004/04/24(Sat) 16:59

  :: top :: :: next ::

:: P column M-i-O ::