:: back :: :: top :: :: next ::

 
» 夢を運ぶ男 » date : 2003/09/18  

新聞を読むのが大好きである。。
一時は 一般紙 日経 日経流通 日経工業 とかたくさん 普通に家でとっていた。。
流通なんて 売れ筋商品がわかるので なんだか面白い。。
ある会社にいたときは 会社がありとあらゆるたくさんの新聞を取っていたので 昼休みに読むのが楽しみだった。

今は、一般紙だけしかとってないので ちょっと残念だ。。
日経をとりたいのだけどね。。 現在の仕事には直接必要ないので我慢している。

たまに会社の用事で銀行に行くとき、すぐに待合の時間に日経を探す。
最初に読むのが、最後のページにある私の履歴書というところである。
各界の著名人のエッセーである。
やはり ひとかどの人の話は ひきつけられるものがある。 
読んでいて 楽しいし、やる気とか元気が湧いてくる。

それと いろんな交友録のところも面白い。
人脈ってすごいなって思う。
今日は 夢を運ぶ男という題目であった。

確かに その人といると ハッピーになれたり 幸運が舞い込んでくるような気分になる人がいる。
それは その人からみなぎるパワーがウエーブのように どんどん大きな波形になって広がりその波形の中でみんなも同化するんじゃないのかなって思うのである。
それに。。
夢を運ぶ男です! 自分からそう 断言していくことが その人自身にとっても本当にとてつもないパワーに変わっていくんじゃないのかなって思う。

そして素敵な仲間が出来る! 今日のコラムでは 富士山を世界遺産にしようと仲間が出来たというお話だった。。
いいんじゃない????

スケールの大きい心を持つことは とっても魅力的だよね。。

私が 日経の履歴書を好きになったのは ある人のお話で。。
50万を稼いで 50万を使う生活と 50万稼いで 50万ためている生活には 歴然とした違いがある。。 50万使う生活には いろんな人たちの交わりがあり 経験があり、学びがある。それがその人の魅力となる。。云々。。 
50万ためていたんじゃ 何にもその人の魅力は広がらないというようなことが書いてあった。

すごく納得したんだよね。。 世界の広がりがあるってことが お金を使うって事だと思った。

今日の夢を運ぶ男も 世界の広がりを持っている。。

人間ためてるばかりじゃ 詰まんない。。
やっぱり 価値ある毎日を 世界の広がりを 感じて生きていたいね。。



» category : 生きるということ ...regist » 2004/04/25(Sun) 15:35

:: back :: :: top :: :: next ::

:: P column M-i-O ::