:: back :: :: top :: :: next ::

 
» 人生は、まだまだ。。。 » date : 2003/11/01  
今年からだったかな、 一円で起業ができるというキャッチフレーズがネット上を騒がせた。
あれれれ。私にもできるかなと夢を持ったりもした。
これは、最低資本金規制の特例措置で 2008年3月までに 本来の資本金、有限会社なら300万、株式会社なら1000万を用意できるようになればいい。 
有限に関して言えば、10万でできた時があった。同じようにある期間において100万になればいいと。それから 今は300万になったのだけれど。 
今回は、 有限なら毎年60万積み立てができれば資本金はクリアーと言うことかな。

そこで、50代にして企業と決別、自分のやりたいことをやる起業家が成功してるらしい。
そこには、なにがあるのか。
約30年間社会で勤めてきた中で養われたものが 最大の資本になっているのではないか、と私は思う。
経験と言うものは、すばらしい。
体験や経験をただ単に自分の中を素通りさせることではなく、身につけることになれば、形なき財産である。
だから、ちょっとやそっとのことでは、揺るぐこともない会社経営ができるんじゃないのかな。

ネット上では、一円!! その響きで夢を見た起業家がたくさんいると思うけど、2008年3月までに どれだけの企業が生き残れるのだろう。
簡単だからこそ がんばらなければいけない気もする。

よく歩く通りに、今年の夏前ごろに喫茶店ができた。 そこは何度も何度もいろんなお商売が
始まったと思ったら失敗した場所だった。
でも その喫茶店は、続いている。 どんなノウハウがあったのかな。
外見的に見れば、いろんな意味で工夫があるようにも見える。クラブ小屋のような仲間の集まる場所を目指しているのかって思ってしまう。

そして、そこのオーナーはやはりどう見ても50代になったばかりのようなのだ。

おそるべし 50代!!

孔子は、30にしてたつ と説いた。 また、男は40になったら顔に責任を持てと言う。
今は昔と違って人生のサイクルが長い。 平均寿命が70代後半なのだから、人生まだまだであるから、孔子のいう30は、50代なのかもしれない。。

人生の秋口からがんばりましょうよ!
ぎらぎらする夏は、体力のある若いときの思い出で、秋からは、それの思い出を蓄えて深まる秋を楽しまなきゃね。。


» category : 生きるということ ...regist » 2004/04/25(Sun) 16:09

:: back :: :: top :: :: next ::

:: P column M-i-O ::