:: back :: :: top :: :: next ::

 
» 別世界。。。国会議員 » date : 2004/05/01  
なんとも、不細工なてんまつの国会年金問題である。
社会保険庁の年金納付のイメージになっていた江角マキコさんが、未納ということで、激しく問い詰めたご本人が未納である。
社会保険庁は、きちんと調べてからキャスティングしろと豪語した野党のあなたは、いったい何を思っていたの???

それにしても 出るわ 出るわ。。未納? いえいえ未加入義務放棄議員たちである。

そもそも年金というのは、組合と同じようなもので、出資者には還元という助け合いの制度である。
この点から言わせれば、国会議員は、議員年金というものもあるし、国会議員という名のもとで蓄えられるものが、どっさりあるんだから、助け合いの組合なんて入らないよ!と宣言してもいいのである。

しかしだ! いまや社会保険制度は崩壊寸前のピンチ。国民の義務としての強制加入は、日本国民であるという証だ。
制度を考えるということは、あなた方自身の政治に対する姿勢だ。

ということで、 結論から言うと、彼らにとっては、何の関心もない制度だということ。
それをあーだ こーだと議論するなんて、力が入るわけがない。。

年金のからくりをもっと国民に説明すべきだ。
大体、旧国鉄の年金も資金不足からサラリーマンの厚生年金から支払うなんていうやり方をしたこともおかしい。


日本と言う国が いかに年配者にとってやさしくない国になっているのか考えてもらいたい。
少ない年金受給者をもっと優遇する制度にできないのか。。
人間生きていくための最小限のものに対しては、もう少し配慮がほしいのである。



photo1  老後は、こんな部屋でゆったり生きてみたいね。
» category : 世の中の出来事について ...regist » 2004/05/01(Sat) 20:12

:: back :: :: top :: :: next ::

:: P column M-i-O ::