:: back :: :: top :: :: next ::

 
» 出会い〜 » date : 2004/09/12  
インターネットという空間は、私に数々の出会いをもたらした。

人生は一度きり、限られた時間の中でどのくらいの出会いがあるのかと考えれば、こんなに時間を大切に使える空間はないような気がする。

偶然にも、そんなことを考えていたら2.3同時に出会いのついての事柄が私の中へ入ってきた。

まずは、今年夏に亡くなられた俳優 渡辺文雄さんの言葉より〜旅とは出会いの連続と信じている。角を曲がったら、思いがけない出会い、不思議な発見がある。

まさにそのとおりだと思う。
出来れば私も本当に旅をして、肌で感じる出会いをつかみたい。
前にも書いたが旅をすると限りなく本能に近い自分になれる。
その素直な心でとらえられる感動は、まさにwonderである。

そして、この地球というそのものが、その世界が、wonder〜つまり驚きの連続である。
一体いくつの経験が出来たのか、、それがその人の魅力にもつながる気がする。

wonder〜 このワンダーという言葉を身近に感じたのは、ある図書選定委員の方から聞いたレイチェル.カーソン著の本「センスオブワンダー」である。
その方から、私の発する言葉に彼女の本を連想させるといわれ、いつか読んでみようと思っていたが、いまだに実現できていない。

そして、今日彼女の本についての記事を目にした。
彼女は、自然を五感でとらえ、感性で表現した人らしい。

なんだか感性の世界に出会いたいと思った。
その中に何かを見つけることが出来そうな気がした。
私がまだ気づいていない自分に出会えそうな気がした。

過去を振り返ってみる。
どんな出会いでもつまらない出会いなんてない。
なにげなく出会った人たちも何かしら私に影響を与えてくれている。
喜びから悲しみに変わる出会いでさえも私を作ってくれている大切な要素になっている。

早すぎた出会いも遅すぎた出会いもあるわけではなく、一番いいタイミングで出会いは、やってくると信じている。

今 ふと思う
出会いこそがwonderなんだ。。

ネットで、旅で、日常の世界で、私はたくさんのwonderをつかみたい。
» category : 生きるということ ...regist » 2004/09/12(Sun) 16:31

:: back :: :: top :: :: next ::

:: P column M-i-O ::