:: back :: :: top ::  

 
» モンテーニュ » date : 2005/03/16  
2004年11月17日 (水) の日記より、アップ

久しぶりにモンテーニュ。。

「 私は私の意見をのべる。それがよいからではなく、私自身の意見であるから。」

思想家のモンテーニュの言葉である。

学生の頃は、誰でもきっと一度は、モンテーニュやパスカルの本を読んだと思うけど、私も例外ではなく国語の先生に読め!読め!といわれ読んだ。

人生ってなんだろう?? って真っ向勝負の情熱のあるときに、きっと心の栄養になっていくものを与えたかったんだろうと思う。

どんどん、人は、生きていくうちに、生き方っていうのを覚えてしまって、だんだん自分らしく生きていくということをしなくなる時がある。

正直者がバカを見て、信じるものは救われない。。そんな風潮に流されるときがあるから。

わたしは、今でも正直者でバカを見ても、信じて信じてだまされても
自分が納得した生き方。
わたしなりの生きていく道をと思っている。

そんなときにこの言葉。。

「 私は私の意見をのべる。それがよいからではなく、私自身の意見であるから。」

みんな自分がかわいかったり、黙ってすむものならと黙止(もくし)つまり無視だと思うけど。。それで済ましてしまうときがある。
自分の都合のいい答えを心の中で出しておしまい!っていう完結。


やだやだやだ!
沈黙と言う名の行為は、最後には、後ろめたさな気分しかない。

だから、
わたしがわたしであるために、、
やっぱり 自分自身であるために。。
わたしは、いつでも自分の言葉で自分を伝えようと思う。
それがよいからと言うわけではないけれど。。

» category : 私的回顧 ...regist » 2005/03/16(Wed) 09:56

:: back :: :: top ::  

:: P column M-i-O ::